calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

blog ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

archives

Machine Free Will

当面、私はこのブログで、以下のカテゴリーの話題を投稿していきます。


  • TimeCommunication
  • Singularity
  • Machine Free Will
  • The Others

今日は、「カテゴリー: Machine Free Will」の第1回目の投稿です。

Kitchen Robo

もし、わたしたちが自由意志を客観的に語ることができるとすれば、ロボットに自由意志を与えることは原理的に可能なはずです。逆に、ロボットに自由意志を与えることが原理的に不可能なら、わたしたちは自由意志(の哲学や科学)について沈黙せざるをえません。


私は前者が正解だと考えています。なぜなら、わたしたちは日常生活はもとより、論理の厳密性が要求される契約や裁判などの場でも自由意志の存在を前提にして議論を交わしているからです。また、哲学や科学の考究そのものが自由意志によって支えられているからです。さらに、決定論は形而上学的な妄想にすぎないからです。


哲学が、「語りえることの限界を見極める作業」だとした場合、私は、哲学においても科学と同様に実験が重要になってくると考えています。そして、自由意志について語りえることの限界を見極めるうえで、自由意志をもつ機械を構想し、製作し、実験することはそれ以外のいかなる思弁にも勝ると考えています。


自由意志をもつ機械を製作するためには、自由意志の物理学的な定義を明確に示さなければなりません。また、Machine Free Willを確認するためには、自由意志をもつ機械と自由意志をもたない機械との本質的な違いを実験によって明確に示さなければなりません。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック