calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

blog ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

archives

Vista+光 → ChromeOS+WiMAX (1)

我が家のデスクトップPCのOSは、Vista Home Premiumです。なので、来年4月10日でサポート切れになります。それを機に、思い切ってオンライン用PCのOSをChromeOSに切り替えようと目論んでいます。つまり、オンラインの作業には、ChromeOSがインストールされた安いノートパソコン(現時点では未発売)を使うことにして、Vistaの入ったデスクトップPCはオフライン作業専用にしようというわけです。そのうち、ChromeOS用のフリーソフトが充実してくれば、デスクトップの方もCromeOSに切り替えられるだろうという算段です。


あくまで参考です (^^;)


ノートPCをオンライン用PCにしたら、当然、外出先でもオンライン作業をしたいということになります。そこで、次に考えなければならないのは、現行の通信コストと通信速度をなるべく維持した上で、高速モバイル通信を導入することです。ここで問題になるのが、我が家の電話が光電話であるという事です。光電話は長距離の電話代を節約するために必要なので、残したい。結局たどり着いた苦肉の策は、現行のフレッツ光ネクストをフレッツ光ライトにグレードダウンして、それによって浮いた費用を、高速モバイル通信に当てるという案です。


高速モバイル通信としては、UQ WiMAXを考えています。マイコミジャーナル2011/08/24には、「筆者(Nakano Yayoi 氏)としては、全国で下り最大40Mbpsの高速通信を使える利用エリアや、速度制限がなくメイン回線としても充分使用できる点、キャンペーンに関係なくずっと月3,880円で使い放題という料金プラン、端末ラインナップの豊富さ――これらの優位点を持ったWiMAXが、他のサービスを大きくリードしているように感じた。」と書いてあります。ちなみに、我が家の住所は、UQ WiMAXサービスエリアのピンポイント判定で○になっています。


気になる料金ですが、フレッツ光ネクストが5460円/月に対して、フレッツ光ライトが2940円/月(下限)ですので、差額が2520円/月になります。これに対して、WiMAXは3880/月ですので、差し引き1360円/月の料金アップになってしまいます。しかし、キャッシュバックキャンペーン(2年契約)などを使えれば、この差額は大分圧縮できるようです。我が家の場合は、フレッツ光ライトの使用を妻に限れば、その料金は下限に抑えられると想定しています。妻がPCで動画を見ることは殆どありませんが、その場合は私と交替でWiMAXを利用してもらうつもりです。


一応、以上のような皮算用をしているわけですが、机上の想定なので破綻する可能性は十分あります。

(進展があったらまた書きます)



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック