calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

blog ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

時間逆行通信の検証実験/10.スケジュール

fugaku10

葛飾北斎 富嶽三十六景/下目黒


【来世か超現世か】

死ほど恐ろしいものはない。人々は、その恐怖を緩和するために死後の世界すなわち来世があることを信じてきた。ところが、最近になって、その来世に勝るとも劣らず死の恐怖を緩和できる新たなビジョンが現れた。シンギュラリティ(技術的特異点)がSFから現実へとなりはじめたいま、少なくない人々が、現生から超現世へ(線分的人生から半直線的人生へ)と飛躍することを願いはじめたのだ。


来世があったとしても、そこが地獄なら無い方がましだ。来世に対する超現世の優越性は、科学が不老不死と幸福(陶酔)とを同時に約束する点にある。人は機械とつながることと引き換えに半永久的に陶酔し続ける存在へと昇華する。現に地獄の苦しみを味わっている人々が、不確かな来世よりも科学が保障する超現世を熱望しても何ら不思議ではない。


しかし、半永久的に陶酔しつづけるものになるということは、人間をやめることにほかならない。人間は死という宿命をもつ儚い存在だからこそ愛おしく美しく自由なのだ。科学者が夢のような超現世を約束したとしても、表現者(芸術家)はいまを生きる儚い人間でありつづけるだろう。


われわれは、人類史上もっともエキサイティングな時代にいる。知性をもつがゆえに自らを万物の霊長とたたえてきた人間が、自らの創造物にその地位を譲ろうとしている。数学や物理学の未解決問題がAIによって次々と解き明かされ、生身の人間には「彼ら」の理論を完全に理解できない悲しい事態が訪れるのも時間の問題だろう。われわれの社会や価値観は大きく変貌しようとしている。それなのに、大半の人々は未だに旧弊な競争原理に囚われて汲々としている。


【スケジュール】

実験装置の製作と検証実験のスケジュールを下表に示す。


表2

表2 スケジュール



コメント
こんにちは。カテ違いで場違いで初歩的な質問で申し訳ありませんが、見つけたコメント、どう思われますでしょうか。


・・・・・
私たちの地球上の一切は人工物であり、・・・・・

1、『遺伝子DNAは誰が作ったのか』

 地球上の全ての生命に遺伝子DNAが組み込まれていますが、こんな複雑で精巧なものが自然や偶然に出来るわけがありませんし、人間の科学でも作れません。しかも自己修復機能を有するなどは考えられないことです。
 では誰が作ったのかと言うことですが、作ったのは宇宙人とか神とかと呼ばれる「未詳の存在」と言うことになります。

2、『物質(原子)は誰が作ったのか』

 地球上の物質(原子)は百余り有りますが、必ず、陽子・中性子・電子の3者で構成され、それ以外の構成は存在しませんが、自然物であれば生成の過程で発生する「多様性」が無いのは不自然ではありませんか。
 そしてまた原子は規則性とか法則性に支配されていますが、自然物であれば仮に発生する「一つの方向性」が有ったとしても、はたして自然物だけで規則性までをも構築できるものでしょうか。
 また中性子は中性子線を内包し、特定の物質(原子)はアルファ線とかベータ線などを放射して崩壊し、電子は電荷を内包しますし、その電荷は「摩擦電気」ではプラス側とマイナス側の双方を移動します。こんな複雑なものが自然や偶然で出来るのでしょうか。
 どうしたら放射線を作ることが出来るのでしょうか。放射線のもつ膨大なエネルギーをどのようにして内包させたのでしょうか。
 色々と考えた結果、自然や偶然で物質(原子)を作るのは不可能であり、私たちの世界は『人工的に作られたものだ』と確信しました。

3、私たちの近代科学は、新たに発見される新事実によって次から次に塗り替えられた歴史が有るではありませんか。かつては原子核を構成する陽子だって素粒子だと言われていた時代がありましたし、・・・・・

  • 教えてください
  • 2017/06/26 11:55 AM
 この様であって別様でないユニークかつ不条理なこの世界において、泣き笑い憎み合い愛し合うのは、われわれ人間であって神でも宇宙人でもありません。
 儚いからこそ愛おしく愛おしいからこそ美しい人間こそ第一義的な存在だといえます。
  • TimeComm
  • 2017/06/26 7:21 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック