calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

blog ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村 科学ブログ 物理学へ
にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ

archives

月か? 六ペンスか?

gauguin

Gauguin portrait 1889  


偉大な芸術作品を生む天才が尊敬されるのは当然だとすれば、その偉大な芸術作品を鑑賞できるすべての人間もまた尊敬に値する才能を持っているといえます。なぜなら、芸術鑑賞と芸術表現とは本質的に分かちがたい行為だからです。


芸術鑑賞は、鑑賞者が彼の脳内のミラーニューロンシステムを通じて表現者の美的体験を追体験する行為であり、芸術表現は、表現者が直観にもとづく試行錯誤を通じて、心の中の鑑賞者(ミラーニューロンシステム)に強い美的共感を与える表現を発見的に抽出する行為だと考えられます。


天才に必要な能力は、答えの大まかな在りかを予感するセンス(直観力)であり、常識にとらわれずにその予感に従って試行錯誤へとつきすすむ強引さだといえます。


一介の日曜画家にすぎなかった証券マン(ゴーギャン)が、株式相場の大暴落を機に世間のしがらみを断ち切ってプロの画家へと転身したという話は、足元の六ペンスを拾うかわりに、川面に映る月を目がけてバンジージャンプをすることができる人間(天才)ならではの潔さを感じさせるエピソードです。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック